蟹座は人を癒す能力がある人。家庭的な仕事が天職に繋がる可能性も

教育

 

蟹座の人は家庭的な星座でもありますので、人を育てる人材育成に適性があったり、子供や動物を育てたりするなどといった事に向いているようです。

人に対しての献身的に接していく事によって、自身にも跳ね返ってくる事で心身共に安定を得られる事にも繋がります。



蟹座は母性的な愛情のある星座

 

蟹座の人は母なる愛情によって人に接したり尽くしたりする星座です。

そのベクトルが家庭内に留まってしまうと、子供たちは窮屈に感じてしまい、いつまでも親離れをする事が出来なくなってしまう程かもしれません。

しかし、蟹座のような母性的な愛情を必要としている人は世の中に沢山いるので、そういった方々の支えとなっていく事は蟹座の生き甲斐にもなっていきます。

 

蟹座の人に向いている仕事

 

蟹座は家庭的な雰囲気を作り上げる事が得意ですので、皆が帰りたくなるような環境を作る事が上手です。

カフェや喫茶店などのようなくつろげる環境であったり、インテリアにこだわった内装を施して居心地の良い環境を整えたりする事でしょう。

 

【蟹座の人に向いている職業】

・看護、医療系のお仕事
・保育士
・カフェ、レストラン
・動物園の飼育係
・人材育成
・料理人

 

蟹座の人は母性的な愛情をもって人と接するため、人材育成の仕事に携わったり、子供を育て教育していくような仕事にも向いているようです。

また、弱い人の立場の人にも手を差し伸べるような優しい一面もありますので、ボランティアで人助けをする事もあるでしょう。

 

愛情には父親的な厳格なものと母親的なものとふたつありますが、蟹座は後者の母親的な愛情を持つ星座です。

そのため保守的な愛情となりがちのようで、場合によっては相手を窮屈にさせてしまう事もあるようです。

 

<スポンサーリンク>

蟹座の人に向いていない仕事

 

蟹座の人は母親的な愛情にあふれているので、ホッとするような環境を作り上げる事は得意としていますが、逆に家庭を離れ、遠い地に赴任するような期間が長引いてしまうと居心地が悪くなってしまいます。

蟹座は安心できる環境に身を置く事を好みますので、ストレスを溜め込まないよう注意が必要です。

 

赴任先で新たに落ち着く環境を作り上げていければそういった問題も解消されてくる事なので、それまでに身の回りを整えておくと良いでしょう。

 

また、蟹座の人は理性では無く感情的な物差しでの判断となりがちですので、公正に判断を下す必要のある場面では苦手のようです。

感情論で物事を見てしまいがちなので、客観性を重視するような仕事には適していないかもしれません。

 

もっとも、そういった向き不向きというのはどの星座でも当てはまるので、蟹座には蟹座にしかない良さで人と関わっていく事が大切です。

 

まとめ

 

蟹座の人の向き不向きについてまとめました。

自分に合った仕事が見つかればより活き活きと日々を過ごす事が出来る事でしょう。

 

【蟹座の人の市場価値診断はコチラ】

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

 

<スポンサーリンク>




関連記事(一部広告を含む)

コメントを残す