双子座の向いてる職業は?情報を扱う仕事が適職・天職となる事も!?

コミュニケーション

 

双子座の人は天秤座水瓶座と同じく『風』のエネルギーを持つ星座でもあります。

この風のエネルギーを持つ星座の人は、一か所に留まる事なく様々な場所に飛び回るなど、活動的な性質が備わっています。



双子座の人の特徴

 

双子座の人は同時に2つの仕事をこなしていく事が得意のようで、本業とは別に副業を掛け持ちで持っている人もいるようです。

そのため、一つの分野を突き詰めるよりも常に新しい空気を取り入れる事の方が双子座の人にとっての刺激となるようなので、その方が途中で飽きてしまう事も無いようですね。

 

また、双子座の人は言葉や情報に関する分野にも向いています。

「水星」を守護星としているため、広範囲においての活躍の場を広げていく事で活き活きする星座でもあります。

その為、語学を勉強して海外で活動するなど、将来的に海外に拠点を移して仕事をしようと思っているのであればそう難しい話でも無いのかもしれませんね。

<スポンサーリンク>

 

双子座の人に向いている仕事

 

双子座の人は情報を扱ったりコミュニケーション能力を活かせる仕事が向いているようです。

それらに関する分野であればどの仕事に就いても重宝がられ、それなりの評価もされる事でしょう。

 

【双子座の人に向いている職業】

・ジャーナリスト
・作家
・ライター
・インターネット関連
・通信
・アナウンサー
・翻訳家

 

一か所に留まって取り組むよりもスピード感のある環境の方が双子座の持って生まれた素質を活かしていく事も出来るでしょう。

自分のペースで仕事をするよりも、常に周りからの刺激や緊張感のある環境に身を置いている事の方が双子座の人には必要のようです。

 

双子座の人が苦手な分野の仕事

 

一方で、双子座の人はじっくりと一つの分野に取り組もうとする事が苦手で、途中で飽きてしまう傾向があるようです。なので蠍座の人とは逆の性質であるとも言えるでしょう。

双子座はその名の通り二つの頭脳を持つ星座ですので、頭の中は常にせわしない状態なのかもしれませんね。

一方で段取り上手であったり、人に仕事を振り分けたりする事は得意ではあります。ただし、時間をかけて一つの事にじっくりと取り組むことが苦手な分野ですので、なるべく単調な作業を避けたがる傾向があるようですね。

様々な情報が行きかうような仕事を見つけられるとそれによって仕事でも活き活きと活躍していく事となるでしょうね。

 

まとめ

 

双子座の人に向いている仕事についてまとめました。

外部からの刺激をもらえるような環境だったり、飽きずに続けられるやり方を模索していく事で仕事も充実させる事が出来るでしょう。

 

【双子座の人の市場価値診断はコチラ】

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

 

<スポンサーリンク>




関連記事(一部広告を含む)

コメントを残す