『好感の持たれるオオカミ』は信頼のおける上司の下で力を発揮する

好感

 

『好感の持たれるオオカミ』の人は、自分の仕事には興味があり、絶対の自信を持ってはいるものの、それ以外の仕事に関してはあまり関心の無いようでもあります。

人によってはワガママな風にも見受けられるのかもしれませんが、このタイプの人にとってはどこ吹く風。

 

そのため、何かとしがらみの多い職種であったり、ルールに厳しい職場であった場合どこか息苦しさを感じざるを得ないのかもしれません。

『好感の持たれるオオカミ』の人は、伸び伸びと出来る仕事で無ければ能力を上手く発揮できないとも言えるのでしょうね。

 


信頼できる人が居るかどうかで成長出来るかを左右される

 

自分の仕事には自信がありますが、どこか自己中心的で性格的にナイーブな一面があります。

そのため、組織に属する事はどうやらこのタイプの人には向いていないようです。。

上司が信頼できる人であったり、周囲の仲間のサポートによって支えられるような環境であれば自分なりのやり方でもって、徐々に成果を上げる事が出来るかもしれませんね。

 

また負けず嫌いな一面もありますので、それが仕事に対しての責任感という意味でのプライドとして備わってくれば良いのですが。。

また人から誤解されてしまう側面もあるので、そこは周囲の理解を得られるように正直さをアピールしておいた方が信頼に繋がるでしょう。

 

専門職に向いている

 

オオカミの人全般に言える事でもありますが、このタイプの人もどちらかと言えば専門的な分野の仕事に適性があると言えるでしょう。

あまり対人関係が上手いとは言えないので、不器用なりに自分なりのやり方で出来る仕事の方が向いているようです。

 

自分以外の事に対してあまり興味や関心を示さないようですが、自分の専門分野となり得るような仕事でしたら才能を発揮する可能性が高いです。

「人付き合いが苦手!」と落ち込む前に、自分の適性を見極めて手に職を持てるようになれれば周囲からの評価も上がり、信頼へと繋げていく事も出来るでしょう。

 

<スポンサーリンク>

 

『好感の持たれるオオカミ』の人の適職

 

仕事をする以上、結果を出していかなくてはなりません。

なのでもしあなたが「人間関係で損をしてしまっている」というのであれば、周囲が認めてくれるような専門職を身に着けておく必要があります。

 

【交換の持たれるオオカミの人に向いている仕事】

・俳優
・職人
・作家
・マスコミ関係
・画家
・画商
・店舗経営
・コンピューター関連
・金融業

 

対人関係を要さない仕事も世の中にはありますので、その分野においての第一人者となり得るくらいの成果を出せるようになってくると周囲の評判も変わってくる事でしょう。

 

まとめ

 

対人関係は苦手な分野であるものの、言い換えれば世間の風評を気にせず平常心で居られるという強みもあります。

自分の信念をもって道を切り拓いていく道を見い出していきましょう。

 

<スポンサーリンク>




関連記事(一部広告を含む)

コメントを残す