動物占い『愛情あふれる虎』の適職は?向いている仕事について

愛情あふれる虎

 

動物占いにおける『愛情あふれる虎』さんは、ソフトな優しさと人情味あふれる自信家の持ち主。

その為、人当たりが良く好かれやすいタイプではありますが、同時に理屈っぽく頑固な一面もあるようです。

そちらの面が強調されてしまうと、周りからは強情だと思われてしまい、「心なしか煙たがられていた…」なんて事も、場合によってはあるかもしれません。

そうならない為にも、時に広い視点で物事を視ていく必要がある事でしょう。

この記事では、そんな人情味がありながら自信家の持ち主でもある『愛情あふれる虎』についてまとめました。



『愛情あふれる虎』に該当する生年月日

 

(※コチラでは1922年(大正11年)から2020年(令和2年)までのおよそ100年分の『愛情あふれる虎』の該当する生年月となっています)

 

・1922年(大正11年) 7月生まれ
・1933年(昭和8年)  9月生まれ
・1939年(昭和14年) 8月生まれ
・1945年(昭和20年) 1月,5月生まれ
・1950年(昭和25年) 12月生まれ
・1962年(昭和37年) 2月,6月生まれ
・1968年(昭和43年) 1月,3月生まれ
・1973年(昭和48年) 10月生まれ
・1985年(昭和60年) 4月生まれ
・1990年(平成2年)  11月生まれ
・1991年(平成3年)  3月生まれ
・1996年(平成8年)  8月生まれ
・2002年(平成14年) 7月生まれ
・2013年(平成25年) 9月生まれ
・2019年(令和1年)  8月生まれ

 

『愛情あふれる虎』の相性

 

それぞれの動物には相性の良い動物と相性が悪い動物がいます。

相性が良いタイプを『ホワイト・エンジェル』。相性が悪いタイプの事を『ブラック・デビル』と呼びます。

 

【『愛情あふれる虎』の相性】

ホワイト・エンジェル(相性◎)落ち着きのあるペガサス

ブラック・デビル(相性×)我が道を行くライオン

 

【動物占いの相性についてはコチラ】

動物占い相性

【動物占い】それぞれの動物の相性一覧表。12キャラ60種類

2020年8月8日

 

『愛情あふれる虎』の性格

 

誰にでも親切な人情家であり、体力・気力共に満ちたタフさも兼ね備えているため、その分人望も厚いタイプです。

将来的に大物になるポテンシャルを持っていますので、周囲から期待を集める事となるでしょう。

またその分プライドの高さも見受けられますが、自身の信念の元に行動していく為、傍から見たらガンコであると捉えられてしまう事もあるようです。

人に対して義理堅く接していく為、周囲からは人情家としての信頼度が高い人です。

 

仕事で成功を収める為には?

 

上では「誰にでも親切」だと言いました。とはいえ、「誰とでも上手く付き合っていく事が出来る…」とはいかず、やはり人との相性も関係してくるため、様々な人と付き合っていくという事はどちらかと言えば苦手のようです。

その為、少数の人達とじっくり付きあっていく事で、地道で丁寧な信頼を重ねていきながら着実で成果のある仕事をしていく方が良いでしょう。

じっくりと取り組む事が出来、継続して成果を上げていける仕事に向いていると言えます。

 

またガンコさが前面に出てしまうと意固地な人と捉えられてしまうかもしれませんが、努力の末成功を収めていく事で周囲からの信頼も確実なものとなっていく事でしょう。

なるべく広い視点で物事を視るように心がけ、人を見る目を養っていくと成功を望む事が出来ます。

着実に成果を得ていく為にも、公務員といった堅い職業に就くなど、継続的に取り組む事が出来る仕事の方が成果を得やすいと言えます。

 

『愛情あふれる虎』の適職

 

・公務員
・官僚
・警察官
・弁護士
・司法書士
・検事
・政治家
・教師
・学者
・研究者
・社会保険労務士
・看護師
・実業家
・社長業

 

まとめ

 

以上で動物占いにおける『愛情あふれる虎』についてまとめました。

参考にして頂けると幸いです。

 

動物占い『虎』へ

12種タイプ別動物占い早見表へ



関連記事(一部広告を含む)