動物占い『動き回る虎』の性格10個。恋愛傾向や適職について

動き回る虎

 

この記事では動物占いにおける『動き回る虎』についてまとめています。

ご自身や家族、あるいは友人・知人等に当てはまる方が居ましたら、参考にして頂けると幸いです。

 



『動き回る虎』に該当する生年月日

 

(※コチラでは1922年(大正11年)から2020年(令和2年)までのおよそ100年分の『動き回る虎』の該当する生年月となっています)

 

・1923年(大正12年) 10月生まれ
・1929年(昭和4年)  7月生まれ
・1935年(昭和10年) 4月生まれ
・1940年(昭和15年) 9月生まれ
・1946年(昭和21年) 8月生まれ
・1952年(昭和27年) 5月生まれ
・1957年(昭和32年) 12月生まれ
・1963年(昭和38年) 9月生まれ
・1969年(昭和44年) 2月,6月生まれ
・1975年(昭和50年) 1月,5月生まれ
・1980年(昭和55年) 10月生まれ
・1992年(平成4年)  2月,4月生まれ
・1997年(平成9年)  11月生まれ
・2003年(平成15年) 10月生まれ
・2009年(平成21年) 7月生まれ
・2015年(平成27年) 4月生まれ
・2020年(令和2年)  9月生まれ

 

『動き回る虎』の性格&特徴10個

 

頭脳明晰

 

優れた知性の持ち主で、物事の筋道を立てていく事が出来ます。

頭をフル回転させ、雑然とした情報を整理していきながら解決策を導いていく事でしょう。

 

プライドが高い

 

プライドが高く、自分が納得した事でないと自ら腰を上げる事はありません。人に指図や命令をされるとカチンと来てしまうようです。

とはいえ常識的な思考の持ち主でもあるので、世間とのバランスを考えていきながら意思決定をしていく賢さはあります。

 

とにかく負けず嫌い

 

人一倍負けず嫌いな性格で、社会の荒波に揉まれていきながらも着実に力を付けていきます。生きがいとなる仕事があるとそれに全力で取り組んでいく事でしょう。

一度自分が手掛けた事であれば最後までやり抜きとおす意志の強さがあるので、責任ある立場に立てば力を発揮していく事となります。

競争の激しい業界であれば、負けず嫌いな性格が功を奏し、全力で取り組んでいく人です。

 

物事を最後までやり通す強い意志の持ち主

 

一度手を付けた仕事に関しては最後までやり抜き通す気概があります。プライドが高いので、自分が受け持った事に関しては途中で投げ出す事はありません。

中途半端に終わらせず、粘り強く集めた情報を整理していきながら努力を続けていきます。

 

悠然と構えて落ち着いている

 

大局を見ながら行動していく為、人の下で働くよりも人を従えていく方に適性があります。慌てず冷静に、それでいながら力強く目的達成に力を注いでいく事が出来るでしょう。

周囲からはマイペースに見られがちですが、繊細な神経と観察眼を持ち合わせている為、かなりの切れ者です。

 

気さくでお人好しな性格

 

外見は温和で頭の回転も速いので、人当たりは良いタイプです。常識的に物事を考える事が出来る為、人と良好な関係を結ぶ事が出来るでしょう。

周囲の人とのバランスを保ちつつ、誠心誠意人に対して尽くしていく人です。

 

優れた観察眼の持ち主

 

情報を整理していきながら問題解決に取り組んでいく為、些細な事でも見落とす事はありません。

見落としが無いように細かく一つ一つをチェックしていく為、頭の中では常に猛スピードで回転しています。

 

天性の勘とひらめきの持ち主

 

細かく分析した情報を元に、論理的に筋道を立てていく事が出来ます。勘やひらめきにも恵まれていますが、そういった理論が基盤となり、説得力のあるものとなっていきます。

 

自分が納得するまでは動かない

 

繊細な神経と優れた観察眼によって、情報を整理していきます。その為、情報の整合性が取れないうちは腰を上げる事はありません。

それがたとえ義務であったとしても、自分が納得できるものでないと動こうとはしません。

このタイプの人を動かすには相応の判断材料と説得が必要となってくるでしょう。

 

人から命令される事を嫌う

 

このタイプの人は、人から命令される事が好きではありません。生まれつきの独立運があるので、人から命令される機会が多いとストレスを溜める原因となってしまうようです。

人の上に立つ事で成功を収めていくタイプですので、人の下で働くと自身の能力をくすぶらせてしまう事となります。

自身が先頭に立ち、仕事をバリバリとこなしていける環境に身を置けると輝く事が出来るでしょう。

 

『動き回る虎』の恋愛傾向

 

男女とも恋愛は受け身

 

このタイプの人が恋をすると、自ら動くよりも受け身の姿勢で待ってしまいます。相手の情報をしっかりと得つつもじっくりと見定めてしまう傾向があるようです。

 

世話好きがきっかけとなり、恋愛に発展する事も

 

母性をくすぐるような相手だと自身の世話好きな面が刺激され、恋愛に発展する事があるようです。

異性に対して恋愛感情を抱くという事は、理性では説明できないものでもあります。じっくりと相手を見定めるしたたかさと上手くバランスを取りながら相手を見つけていきます。

 

『動き回る虎』の相性

 

それぞれの動物には相性の良い動物と相性が悪い動物がいます。

相性が良いタイプを『ホワイト・エンジェル』。相性が悪いタイプの事を『ブラック・デビル』と呼びます。

 

【『動き回る虎』の相性】

ホワイト・エンジェル(相性◎)磨き上げられたたぬき

ブラック・デビル(相性×)華やかなこじか

 

【動物占いの相性についてはコチラ】

動物占い相性

【動物占い】それぞれの動物の相性一覧表。12キャラ60種類

2020年8月8日

 

『動き回る虎』の適職・仕事・職種

 

『動き回る虎』の人は自身が先頭に立てる仕事に適性があります。

 

・社長
・経営者
・人材育成
・開業医
・音楽業界
・不動産業
・政治家
・弁護士
・教師
・コンピューター関連
・情報産業
・アパレル業

 

仕事で成功を収める為には?

 

世間一般で言う常識的な感覚とニュートラルなバランス感覚の持ち主ですので、仕事でも大きな失敗をする事はありません。

独立精神旺盛でベンチャー企業でも活躍していけるタイプですが、このように大衆的な魅力も相まって成功する事も出来るでしょう。

そのような姿勢が世間一般に浸透すると人から応援される運がありますので、それを活かす為にも周囲に対する気配りや謙虚な心を常に持ち合わせておく事が大切です。

芸術をたしなむ余裕があると、精神安定剤として心にゆとりを持つ事が出来るでしょう。

 

『動き回る虎』が上司だったら?

 

温和な外見と繊細で知的な内面の持ち主ですので、周囲とのバランスを保ちながら自身の世界を築いていきます。

頭の回転も速いため、周囲の人に対しての気配りも欠かしません。

とはいえ、自分が出来る事が必ずしも他人も出来るとは限りません。人が出来ない事に対してつい批判的になってしまうので、その際は気を付けた方が良いでしょう。

 

『動き回る虎』が部下だったら?

 

人から指図される事は嫌いですが、一度手を付けた仕事に対しては全力で取り組んでいきます。

持ち前の知性で与えられた情報を整理していきながら統合していくので、問題解決をする上で力を発揮していきます。

プライドが高く反発心がありますが、少し抑え気味にしておいた方が能力も認められ、上司からの印象も良くなる事でしょう。

 

まとめ

 

動物占いにおける『動き回る虎』についてまとめました。

自身、あるいは自身の身の廻りに居る人や気になる方が『動き回る虎』に該当する際に、参考にして頂けると幸いです。

 

動物占い『虎』へ

12種タイプ別動物占い早見表へ



関連記事(一部広告を含む)