『落ち着きのない猿』はトップに立つよりも小回りの良さが仕事に活きる!

猿

 

『落ち着きのない猿』の人は小回りが利き、その場その場で対応する能力が備わっているタイプです。

社長としてトップに君臨するよりも、場の空気を読んだり盛り上げたりする事の方が向いているので、イベントや宴会などで場を盛り上げる役にはまさにうってつけとも言えるでしょう。

大局を見るよりも部分部分を見れる視点を生かしていく事で、上司からも一目置かれる事でしょう。

 


損得勘定で物事を考えるタイプ

 

夢や理想を追い求めるよりも、実際に利益が出るものに関心があります。

そうでないとモチベーションも下がってしまい、次第にやる気も損なわれていく事にも繋がります。

「夢や理想だけでは食っていけない!」といったような現実主義者であるとも言えるでしょう。

 

自分にとって「得か損か?」の視点で考えてしまう事もあるようで、結果的に要領良く成果に繋げていく事となるようです。

 

短期集中型

 

『落ち着きのない猿』のタイプの人は、短期間で成果の出る目標であれば結果を出す事に長けているので、そういった場合要領よく成果に繋げていく事となるでしょう。

営業職であったり人に教えるような仕事に向いているのかもしれません。

 

一方で長期的な視野で考えるようとする事が苦手で目を背けがち。

長い目で見て考えていかないと後あと困る事も多々ありますので、様々な社会経験を経ていく事で長期的に見られる視点を養う事をしていきましょう。

人によってはじっくりと物事を考える、例えば研究職に向いているようなタイプの人もいますので、そういった人からも学べるものもあるのだという事が分かってくると視野も広がっていきます。

 

<スポンサーリンク>

 

『落ち着きのない猿』の人の適職

 

要領よく仕事をこなすことが出来るので、その場での対応力が求められるような仕事に向いていると言えるでしょう。

人の顔色を見つつ状況を把握していく事も得意分野でもあるので、それを武器にしていく事で仕事にも活きていきます。

 

【落ち着きのない猿の人に向いている仕事】

・営業職
・スナック経営
・美容師
・コンサルタント
・人に物事を教える仕事
・セールス関係
・スポーツ選手
・歌手
・クリエイター

 

まとめ

 

『落ち着きのない猿』の人は小回りが利き、要領も良いので上司から重宝される存在でもあります。

世話好きで社交的な面によって人望も厚いタイプであるとも言えるでしょう。

 

<スポンサーリンク>




関連記事(一部広告を含む)

コメントを残す