射手座に向いている仕事、適職は?マンネリ化を避けられるかがカギ?

航海

 

射手座の人は活発な性格のため、同じような作業が続いたり、日々変化の無いような仕事には退屈を感じてしまうかもしれません。射手座は特にじっとしている事が我慢できない星座でもあるので、様々な土地へと縁のある星座であるとも言えるでしょう。

 

一つ前の蠍座ではじっくりと仕事に取り組める環境づくりが大事な事でしたが、射手座の人は違います。旅行好きで海外での仕事にも縁があるので、旅行関係や貿易関係の仕事に就いている人も少なくはない星座でもあるのです。



射手座の人の仕事について

 

射手座の人は一か所に留まるのではなく、遠くの地に縁があったり、自身の冒険心をくすぐるようなワクワクとする出会いを常に求めています。なので、なるべく変化の多い環境に身を置いた方が、射手座の人にとっては活き活きと活動していく事が出来るでしょう。

逆に、毎日同じようなルーティンワークが続いてしまうと徐々に退屈してしまいます。努力家ではありますが、同じような仕事が続いてしまうと途端に逃げ出したくなってしまう性分でもあるようです。

 

例えば未知との遭遇を求めて各地を旅したり、あるいは遠く離れた海外の地などで生活する事によってそれが射手座の満足度を上げる事となります。自由を実感できる事が射手座の人にとっては、仕事や人生を充実させる事となってくるのです。

 

<スポンサーリンク>

 

射手座の人が向いている仕事

 

上の項目でも述べましたが、射手座の人はなるべくマンネリ化を避けられるような仕事が適職であると言えるでしょう。

 

【射手座に向いている仕事】

・貿易関係
・ベンチャー企業
・翻訳家
・大学教授
・パイロット
・ライター
・キャスター
・旅行業

 

この星座の人は一か所に留まる事なく各所へと取材に足を運んだり出来る仕事が良いでしょう。

今ではメールやSNSがあるので、例えば出張先での仕事もノートパソコン一台あれば可能となりました。場合によってはスマホ一台あれば仕事も出来るので、そういった意味でも射手座の人が生き生きと働けるような環境が整ってきているようです。

 

また、サラリーマンとしてではなく個人事業主としてフリーで働いていくという選択肢もあります。最近ではノマドワーカーブロガーといった言葉もあるように、場所や土地に縛られる事なく仕事をしていけるような時代であるのかもしれません。

 

射手座の人が向いていない仕事

 

これといって向いていない仕事はありませんが、自身の好奇心を満たす事が出来ず、単調な作業が続いてしまう仕事は射手座の人には向いていないようです。刺激の無い日々というものに価値を見いだす事が出来づらいという事もあるのでしょう。

 

同じ場所・同じメンバー・同じような作業。。。

もし現在このような環境となっているのであれば、日々些細なことでも違いを見い出す事をしていくか、もしくは思い切って転職を考えて今とは違う仕事をしていくという事も良いかもしれません。

そのように日々変化のある環境であった方が射手座の人は活き活きとしていく事も出来るでしょう。

 

まとめ

 

射手座の人の仕事についてまとめました。

この星座の人はマンネリ化を嫌う性質でもありますので、未知なるものに対して心を躍らせられるような仕事が適職、あるいは天職となり得てくる事でしょう。

 

【射手座の人の市場価値診断はコチラ】

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

 

<スポンサーリンク>




関連記事(一部広告を含む)

コメントを残す